;
Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/sites/heteml/users/t/r/a/trailheads/web/beyondworking/htdocs/wordpress/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::word_count_js() expected to be a reference, value given in /home/sites/heteml/users/t/r/a/trailheads/web/beyondworking/htdocs/wordpress/wp-includes/plugin.php on line 571

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/sites/heteml/users/t/r/a/trailheads/web/beyondworking/htdocs/wordpress/wp-includes/plugin.php on line 571
やっぱり気合いです <strong>PART 2</strong>
beyond worker 004
 2013,08,02

やっぱり気合いです PART 2

−−−実際どんなクライアントから仕事がくることが多いのでしょうか?
自分たちがつくったものを実際に見て「いいな」と思った方々から問い合わせをいただくことが多いですね。時には自分から仕事を取りにいく場合もあります。ただ、あまり業界の中で群れていないので「あの人の会社にどうやって頼めばいいの?」と人づてに聞くこともあります。パーティーに顔を出すタイプでもありませんし、どこかの組織にいたわけでもないですし。以前「クラスカみたいなホテルを作ってくれ」という相談もいただいたのですが、文脈が余りにも違うし・・・。それをインタビューなどでも実際に口に出して言っちゃうので。

仕事の8割はクライアントからの依頼です。でも情報をキャッチするアンテナは常に張っていますね。実際にこちらから動いて今フェリーの仕事をやっています。船には建築とは別の特殊な法規制があるので、オーナーさんはそれが不安だったのですが、それならノウハウのある船の設計施工会社と僕らが組んで、デザインアーキテクト的に参加する方法がありますよと。それで設計施工の会社にオーナーさんから話をしてもらって、デザインアーキテクトとしてインテンショナリーズさんにフェリーの件をお願いしたいと言ってもらって。オーナーは悩んだそうですが、施工会社に話をしたら「いいお話じゃないですか、何でインテンショナリーズを知ってるんですか?!」と、話は5分で終わったそうです。最近はそのフェリーの仕事や食堂電車の仕事をやっています。

−−−電車もデザインされてるんですか?

最近リリースになりましたが、東北エモーションというプロジェクトで、食堂車三両のインテリアをデザインしています。フェリーも電車も法規制の厳しいところが似ていて、積載証明や防火規制など建築とは違う制約がありますね。
IMG_3596 (687x458)

−−−ところで、デザインアーキテクトとはどのような仕事なのでしょうか?

海外だと一般的なのですが、最近上棟した台湾のプロジェクトでもデザインアーキテクトとして関わっています。コンセプトを作って基本設計をして、実施設計を担当するローカルの会社をディレクションしながらコンセプトをディテールに落とし込む仕事です。全体のコンセプトワーク、概念設計、デザインの根幹の設計、そしてルールづくりのような仕事ですね。

1 2 3 4 5